虫除けスプレー赤ちゃん子供おすすめ4選|安全なイカリジン配合ミスト&ジェル。

イカリジンとディートの違い

赤ちゃんや子供に使いやすいイカリジンの虫よけスプレーやジェルですが、従来使われてきた「ディート」とはどう違うのか、簡単にまとめてみました。

イカリジン(ピカリンジン)とは、1980年代にドイツで開発された虫よけ成分です。

ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリアなど世界54か所以上の地域で、イカリジンを主成分とする商品が販売されています。

日本では、2016年3月以降にこれを配合した新たな虫よけ剤が販売されました。

日本ではなじみの薄い成分ですが、欧米ではすでにずっと使われていた虫よけ成分なんですね。

イカリジンは、ディートより安全でお肌に優しく、赤ちゃんや子供にも使いやすいといわれていますが、具体的にどう違うのかを見てみたいと思います。

使用年齢や使用回数、顔への使用について

イカリジン使用年齢や回数に制限はありません。
顔にも使用可能。
目や口の周囲、粘膜等を避けて塗布。
ディート12歳未満の小児に使用させる場合は、保護者などの指導監督のもとで、以下の回数を目安に使用。
また、顔には使用しないでください。
①6か月未満の乳児には使用しないこと。
②6か月以上2歳未満は、1日1回。
③2歳以上12歳未満は、1日1~3回。

適用害虫について

イカリジン蚊、マダニ、ブユ、アブ
ディート蚊、ノミトコジラミイエダニサシバエ、マダニ、ブユ、アブ

※製品によって若干違う場合がありますので、都度確認してください。

イカリジンとディートの違いについてのまとめ

普段のちょっとした外出ならイカリジンで大丈夫だけど、海外旅行には、適用害虫が多いディートを使用するなど対策の必要な虫によって、使い分けが必要だと思います。

上の特徴を把握して、適切に判断するのがいいですね。

蚊媒介感染症や予防について

蚊媒介感染症や予防について、公的機関に詳しい情報が載っていますので、一度確認してみてくださいね。

蚊媒介感染症-厚生労働省

蚊媒介感染症の診療ガイドライン(第4版)-国立感染症研究所
3.予防 防蚊対策

さいごに

赤ちゃんや子供におすすめのイカリジン配合の虫よけスプレーやジェルについての情報でした。

もちろん、大人にも使えるので、家族でしっかり対策出来ます。

これから増える蚊や虫のためにしっかり、対策してみてくださいね^^

タイトルとURLをコピーしました