フェイクスイーツの着色失敗!初心者が100均の紙粘土選びで注意すること

フェイクスイーツ(スイーツデコ)に子供(5歳女の子)と初めて挑戦することにしました^^

やっと、そういうことができる年齢になってきたので、満を持して!

作るのが初めての超初心者だし、出来るだけ手軽に材料をそろえようと、とりあえず100均ショップダイソー(DAISO)へ。

早速作りはじめたところ、予習のためにチェックした動画のように着色が全くうまくいかず…凹みモード。

あまり深く考えず、選んだ紙粘土が失敗のもとでした…。

事前によく知識を入れて始めるような慎重なタイプの方には、役に立たない情報かもしれません。

しかし、私のような見切り発車傾向のある方には、少しはお役に立てるかもしれません(-_-;)

100円ショップの紙粘土選びで注意することなどをまとめました。

フェイクスイーツ初心者が100均で購入した紙粘土は…

ダイソー『紙ねんど 500g』

ダイソー 紙ねんど500g

私が購入したのは、2種類の紙粘土。

1種類目は、紙ねんど 500g

紙ねんど 500g』は、自分が子供のころに使ったことのあるタイプの紙粘土。

触ると手が真っ白になるアレです。

ダイソーには、『ふわっと軽いねんど』、『樹脂粘土』、『木粉粘土』など、いろいろなタイプの粘土があります。

その中で、どうして『紙ねんど 500g』を選んだのかというと、量が多かったから!

子供との初めてのフェイクスイーツ作りだし、沢山あるほうがいっぱい作れていいでしょ…な浅い考えです。

だって、「ふわっと軽いねんど」も、「樹脂粘土」もとっても量が少ないんですよ。

初めてだし、質より量の意識が勝ってしまいました。

これが、失敗の第一歩だったとは・・・

ダイソー『石粉ねんど 200g』

ダイソー 石粉ねんど 200g

そして、同時に購入したのが石粉ねんど 200g

これは、↓こちらの動画で混ぜて使ってたから。

この動画以外でも、粘土を混ぜて使っている動画があって、混ぜたほうが丈夫になったり練りやすくなったりいいらしい…となんとなく認識し買ってみました。

パッケージに「造形しやすいやわらかさと伸びを兼ね備えた粘土」とかいてあるので、これを混ぜれば、紙粘土が扱いやすくなるのかも?と予想して。

いざとなれば、もし紙粘土で上手くいかなかった場合、これ単品で作ることもできるかもという気持ちもあり、保険のような意味合いも考えて購入しました。

100均でのスイーツデコ(フェイクスイーツ)作りの下調べについて

材料をそろえる前に、いろいろな動画を見て勉強したのですが、基礎的な知識の部分って省かれていて、初心者にはやっぱりわかりにくいんですよね。

きちっとした知識を頭にいれるには、やっぱり本をチェックしたほうが失敗は少ないと思います。

たとえば、『100円グッズでスイーツデコ』という本。

しかし、私の場合、調べる時間とコストは最小限にという意識ではじめたせいか、回り道をしてしまいました(-_-;)

フェイクスイーツの着色がうまくできず失敗!

早速、マカロンを作ろうと『紙ねんど 500g』を開封し、計量スプーンで分量を量ります。

量り終えたら、アクリル絵の具を混ぜてみました。

が、この普通のタイプの紙粘土って、とにかく伸びません!

粘土にアクリル絵の具をおいて、混ぜ込もうとしても、全然混ざらない!

マーブルのようになって、とにかく混ざらない。

全然動画の粘土の伸びや混ざり方と違う~!!

 

そして、乾燥するのが早い

今思えば、分量を量っている時点で乾燥は始まっています。

混ざらないからなんとか混ぜようとするものの、だんだん乾燥してきて、さらに混ぜにくくなります。

そして、粒のようなざらざらとした触感になってきました。

何とか混ぜようと手に水をつけて、水分を足したり四苦八苦。

付け焼き刃で、石粉粘土を同量位投入。

今更感アリアリでしたが、いまいち石粉粘土との混ざりも悪く。。。

結局、表面がぬるぬるする位水を加えて、コネてコネてで…なんとかマカロンを形にしました。

その後、乾燥させた後、速乾のマニキュアのトップコートをニス代わりに塗って、なんとか完成。

それが、↓こちら。

100均フェイクスイーツ マカロン

完全なる失敗作…。

ひび割れしてて、色のムラがあって、本当に納得いかない出来です(~_~;)

しかし、娘は、「おいしそう♪かわいい♪」と喜んでいたのが、唯一の救い。

完全にテンションの下がった母に「なんで?!」という反応でした。

 

そして、この工程で石粉粘土を触ってみて、全然触った感覚が違うのにびっくりしました。

柔らかくて伸びやすい!

だから、造形がしやすいんだと納得。

今回は、一旦終了しましたが、あらためてリベンジを心に誓いました。

フェイクスイーツ初心者が100均の紙粘土選びで注意すること

上で紹介した動画でもよく見たらわかるんですが、軽量粘土を使っています。

↓こちらの動画では、100円ショップの軽量粘土が紹介されています。

セリア(seria)の『かる~い かみねんど 70g

キャンドゥ(Can★Do)の『ふわふわ かる~い かみねんど 60g

100均 紙粘土 軽量粘土

初心者があまりコストをかけずに、フェイクスイーツを作るには、とりあえずこの軽量粘土を使ってみるのがいいのかなと思います。

そして、成型や着色などに慣れてくれば、樹脂粘土を使ってみたいです。

樹脂粘土であれば、キーホルダーやストラップなどの実用品に耐える強度があるようなので、そういう意味でも、次のステップによさそうです。

さいごに

もともと母の私自身が、スイーツデコをいつかやってみたいと思っていたこともあり、現時点での出来には、まったく満足できていません。

しかし、娘は、製作プロセスも出来上がった作品も気に入って満足している様子。

本来は娘が楽しめるようにとやってみたことなので、気持ちを切り替えて、まずは楽しむことにしました。

早速、扱いにくい普通の紙粘土を消費するべく、クッキーも作ってみました。

その様子は、↓こちらの記事で紹介しています^^

スイーツデコに子供と挑戦!100均紙粘土でクッキー(型抜き)作りをレポ!
スイーツデコ(フェイクスイーツ)に子供(5歳女の子)と初挑戦レポ!100円ショップ(ダイソー)の普通の紙粘土で型抜きクッキーを作った様子を紹介。型抜き~成型までの作業プロセスを写真でまとめました。使った100均の型やグッズ、子供と作業して気づいたことも書いています。
タイトルとURLをコピーしました